2016年07月01日

【キャンドルの基礎知識】正しい使い方は?

about_candle.jpg


[1]キャンドルを置く場所

キャンドルは必ずガラス・陶器などの不燃性のホルダーにセットし、安定した平らな場所に。

周りにカーテンや紙などの燃えやすいものがないかどうかもチェックして、

小さなお子さんやペットがいるところでは、手の届かない場所に置いて下さい。


空調などの強い風が当たる場所もNGです。

風が当たると、不完全燃焼を起こして油煙が出たり、燃焼時間も大幅に短くなるので注意して下さい。



[2]灯し方

キャンドルの芯をまっすぐに立ててから火をつけます。

柄の長いガスライターやマッチを使うと点火しやすいですよ。


ただし、マッチの燃えカスを入れたままにしないで下さい。異常燃焼の原因になります。



76360001_200.jpg
※キャンドル用の日本製オリジナルマッチも販売しています(税抜 300円) 


[3]注意点

実はロウに発火性はありません。

キャンドルが倒れたとしても自然に火は消えます。


ただし、そばに燃えやすい紙や布などがあると燃え移るおそれがあるので、絶対にそばに置かないで下さい。


・火を灯したらそばを離れないこと、

・寝るときやそばを離れるときは必ず火を消すこと


を守って下さいね。






[4]消したいとき

キャンドルは石油製品なので火を消すときに水をかけるのは厳禁です。


キャンドルの火を消すときは、溶けて液状になったロウが飛び散らないように吹き消しましょう。


黒い煙を出さずに消したいときは、芯をピンセットなどでつまんでロウの中に倒して火を消し、すぐに芯を起こして下さい。

こうすると、芯がロウでコーティングされるので煙が出ず、再点火しやすくなります。


勢いよく吹き消すと、溶けたロウが飛び散ってしまうので注意!

また溶けたロウは熱いので直接触らないように注意して下さい。






[5]保管

保管するときは高温所や直射日光の当たる場所を避けて下さい。

溶けて形状が変わってしまったり、色が変わってしまうことがあります。



posted by キャンドルハウス at 16:44| Comment(2) | about CANDLE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【キャンドルの基礎知識】どうやって燃えるの?

about_candle.jpg


キャンドルには芯があります。

火を灯すとまず芯が燃えます。その熱でロウが溶けて液体になります。
液体になったロウは毛細管現象によって芯に吸い上げられ、炎に熱せられて気化します。

そうして気化したガスが燃焼しているのです。
だからキャンドルには芯が必ず必要なのです!
posted by キャンドルハウス at 16:40| Comment(0) | about CANDLE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【キャンドルの基礎知識】なにからできているの?

about_candle.jpg

[ロウ]
キャンドルのほとんどは、石油を精製する際に出るパラフィンワックスを主原料にしています。

パラフィンワックスは牛乳パックや化粧品にも使われる安全性の高い材料です。


最近では、石油資源の枯渇が問題となる中、パームや大豆などから取れる
植物性ワックスや天然ガスを原料にしたキャンドルにも注目が集まっています。


[芯糸]
芯糸は綿糸を撚ったり編んだりしたものに、防炎処理を施したものが一般的。
芯糸の種類を変えることによって燃焼時間や炎の大きさを調節することができます。

また、ショップでも人気のアロマキャンドル「WoodWick」シリーズは
芯が糸ではなく木でできているので「灯り」「香り」に加えて「音」も楽しめるキャンドルです!

posted by キャンドルハウス at 16:38| Comment(0) | about CANDLE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【PICK UP】虫除けキャンドル「シトロネラ」

これからの季節はBBQやキャンプなど楽しいアウトドアイベントがピッタリの季節。
友達とワイワイ美味しいものを食べたり、家族でキャンプをして夏休みの思い出作り・・・
想像しただけでワクワクしますよね!

ただ、活動的になるのは人間だけではないのも事実。
せっかくの楽しい時間に、「虫に刺されて困った」なんて経験があるかたも多いのでは?

今回はそんなアウトドア派の皆さんにおススメのキャンドルをご紹介します!!

citronella.jpg
[シトロネラキャンドルシリーズ]
「シトロネラ」はレモンに似た香りのイネ科の植物で、虫(特に蚊)嫌うハーブ。
柑橘系の香りなので気分も明るくリフレッシュできます。
アウトドアだけでなく、ガーデニングなど虫除けしたいときには欠かせないアイテムです。



キャンドルハウスではバケツに入ったものや水に浮かべて使えるもの、
缶入りタイプやトーチタイプなど色々なアイテムをご用意しております。


なかでも今年の注目アイテムはコレ!

■シトロネラメイソンジャー ¥850(税抜)
A2190500_300.jpg

メイソンジャー入りのおしゃれなアイテムが新登場しました!
片手サイズですが燃焼時間は約20時間とたっぷり楽しむことができます。


また、他の虫除けグッズと異なり「虫除け」と同時に「灯り」も楽しめるのもポイント。


夏のアウトドアのマストアイテムです!


※商品のお取り扱い状況につきましては各店舗へお問い合わせください
posted by キャンドルハウス at 15:40| Comment(0) | PICK UP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする